展示会で見つけた「カビナイバッグ」とは?

カビナイバッグ02先週金曜日(2015年7月10日)に東京ビックサイトに行き「国際文具・紙製品展(ISOT)」を見て回ってきました。ポリプロピレンと炭カルで作った合成紙や、紙を積層にしてカード類を挟めるおしゃれなグッズやファイリングで綴じ具を外さなくても抜き差しができるバインダーやら折り紙できる箸袋やら、紙にまつわる提案型の商品に満ち満ちておりました。個々の企業の持つ技術を応用したアイディアを商品にして、直に販売店に卸して販売を目論む中小企業がたくさんいて、それぞれよく考えられた面白い商品もたくさんあることを目の当たりにして、弊社のスマファイ も頑張らねば、と気を引き締めた次第でございます。
そんな展示会会場で見つけたのが、コレ、「カビナイバッグ」。なんと“カビが生えるのを防ぐ”チャック袋です。株式会社トップ堂という会社の持つ「カビナイコート」という技術を応用した商品だそうです。カビナイコートの特徴をウェブから拾うと「カビナイコートとは、これまでにない抗カビ性能をグラビア印刷にてパッケージに塗布した、全く新しい概念の印刷物です。また、人体に有害な添加物や溶剤を使用しておりませんので、あらゆるパッケージにお使いいただけます。」とのこと。
一般用途としては、カビが生えて困る食品やアクセサリー類の保管が例として上げられております。この高温多湿の日本では、特に革製品の保管で効果を発揮するでしょう。なにしろ袋内のカビの浮遊菌の細胞壁を破壊して、微生物を仮死状態にしてしまう効果があるというのですから、カビが生えるまえにこの袋で保管すれば、あとは使うまで入れたままにしておけば良いということになります。ホコリよけにもなりますね。面白い商品が出てきたものです。(ちなみに使用上の注意に「カビが既に付着している品物には効果がありません。」とあり。 f(^ ^))
ISOT会場にて、ブース前でこの商品を手に取りながら、そこはコンサバターの性でして、これを水濡れ資料の緊急避難のツールにできないか、と考えておりました。災害で紙資料が水害に遭ってしまったときに、とにかく濡れたままでも、カビが生え始める前にこの袋に入れてしまえば、本格的な救出の処置を取ったり、専門家に見てもらうまでの時間稼ぎができるのでは、と。
災害対策を考えなければならない公的な所蔵機関の方々、この機能をちょっと検証されてみてはいかがでしょう?ひとたび災害に巻き込まれ、資料たちが水濡れしてしまい、ああ、カビが生えてしまう、臭いもしてきた、でもなにもできない、そんな藁にもすがりたい状況になれば、こんなアイテムが、急場を救ってくれる救世主になるかもしれませんものね。

2 comments

  1. kryonjp says:

    業者の言うことを鵜呑みにするのではなく自分で確かめてからレポートしていただきたいものです。
    TVを見て購入しましたが四日目でカビが生えてしまいました。2回実施するも同様。
    信じた私が馬鹿でした。

    • 児島 聡 says:

      せっかく購入をされた上での四日目でのまさかのカビ生え。裏切られた心持ちの傷に塩を塗るようなレポートだったようですね。「自分で確かめてからレポートしていただきたいもの」。ごもっともなところでございます。
      ちなみに4日目にカビが生える、ということは、「湿度100%〜90%:2日間〜約1週間で発芽」と言われておりますので、高湿度環境、もしくは対象物自体の水分量が多い、という状況かと推察致します。
      この熱暑の真っ只中、こちらでもどのような挙動を示すか、テストを始めるところです。追ってレポート第2段が(ちょっと時間がかかるかも)ご提供できると思います。(投稿者さんの実例もあるから望み薄ですかね。期待値だら下がり f^_^;)
      災害資料の救出については「発生時から48時間内」。少しでもこの時間を伸ばすことができ、玄人でなくても手軽に扱えるような材が、ホント、欲しいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)