AIC参加記3

今回は4人でのパネルの他に、天野さんと吉原さんがArchives Conservation Discussion GroupのTIP Sessionにもエントリーしました。TIP Sessionとは体験からの役立つ情報=TIPを発表する企画です。2人は簡単な英語でできるワークショップのデモンストレーションを予定していたのですが、当日に「今年はデモンストレーションは無しでパネル形式」と判明。急きょパネル用のプレゼン準備をして本番に備えた臨機応変な2人!日沖さんが通訳、私は記録担当です。

AIC_tip_5.17_all1

スピーカーは7名。
1)NARAの人:火事にあった公文書の焦げた部分のIRやデジタル撮影の試み
2)Kanasas大学Librariesの人:災害対応時のスタッフの工夫
3)Harverd大学のPreservation Centerの人:濡れた資料の応急対応の直後の教訓
4)Texas大学の人:図書館の濡れた本の自然乾燥の方法
5)Library of Congressの人:濡れた本の大規模な対応
6)神戸史料ネット吉原さん:濡れた資料を身近な道具で乾かす方法
7)宮城資料ネット天野さん:被災資料をボランティアさんと再現する方法

 

米国記録文書館NARAや議会図書館LoC、大学図書館のライブラリアンやコンサバターが自然災害で焼けたり濡れた資料の扱い方やスタッフトレーニングの経験談からの教訓をプレゼンする一方で、Shiryo-Netの天野さんと吉原さんは身近なモノを使った水損資料の乾燥方法や被災資料の再現といったヒストリアンによる異色のプレゼンで面白かったです。

聴衆の質問も鋭い。Q「Shiryo-Netのボランティアはいつどこに派遣するかどうやって決めるのか?」Q「所有者は自分から連絡するのか?」Q「日本にはAICのような災害時に連絡できるコンサバターの組織があるのか?」Q「どうやってShiryo-Netはボランティアの参加を促すのか?」という、Shiryo-Netをもっと知りたい!というツッコミの形でいい質問が続きました。

A「Shiryo-Netは平時から資料や所有者把握しているため、災害が起こったら、たとえ所有者から連絡ができなくてもShiryo-Netから連絡をとることができる。そしてレスキューのためにボランティアを派遣する体制を作る。そのために日頃から時間をかけて所有者と良い関係を築くことが重要なんです」
A「日本にも保存修復学会があるがAICに比べて規模は非常に小さく専任スタッフがいない。Shiryo-Netはコンサバターにレスキュー技術を教わることもある」
A「Shiryo-Netはヒストリアンのボランティア団体で、国内の様々な地域ネットワークを通じてメンバーへの参加を呼び掛けている」
彼らもあらためて日本でこういう質問をされることがなさそうなのでいい機会になったのではないでしょうか。

私自身も天野さんが泥に浸漬した資料の再現したと初めて知って「歴史研究者なのにコンサバターみたいなことしてるなぁ」と資料ネットってここまでしているのかと感心した次第です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)