カテゴリー: 近況・その他

研修会の講師にお呼ばれしました

研修風景① 11月10日に亘理町立郷土資料館にて、宮城県南資料館等連絡協議会の担当者研修会でレクチャーの講師をする機会を頂きました。
内容は2題、
「資料(文化財)を管理する担当者が持っておくべき基礎知識」
「資料の安定化に向けて(保全と応急手当)~アマチュアの起こす失敗とやれること~」
午前と午後に分かれて、4時間の研修会となりました。

集まって頂いたのは協議会に加盟している13名の方々。
参加者皆さん、ほとんどの方が私とは初対面ですし、最初は固い感じの空気で始まりましたが、時間がたつに従って、皆さんとの距離も縮まってきて、和やかな雰囲気になりました。
研修風景② 午前中はコンサバター目線で、「指定文化財の修復(修理)の心構え」をお話しさせてもらい、そのあと「保存と環境:文化財の保存と環境「歴史資料について」「カビについて(一般的な話・震災対応の話)」「資料保存の話」というテーマを駆け足ですが触れていきました。
午後は、修復の話で、ちょっと専門的な話で「接着とはなんだろう。」という話から、メチルセルロースと生麩糊を触って頂いた後に、安全な手当ての方法の一例として、増田勝彦先生の「微小点接着法」とTRCCで作っている「糊和紙」という、少量の水分で補修できる和紙のシートを紹介して、皆さんに実際に使ってもらいました。水を使った繕いは素人には難しい行ないであることを十分にわかって頂けたようです。
研修風景③ あわせて修復などをアウトソーシングする際の業者との対峙の仕方など、受け身にならないための方法なども伝授してまいりました。

研修風景④ それぞれ館によって持っている問題は異なるのですが、共通して抱えている問題は、保存や修復について相談できる窓口を持っていないということ。
相談ができないので、日頃の業務の中で、保存のこと、環境のこと、劣化損傷のこと、たくさん持っているのに、どこにも相談できないまま、少しずつ劣化していく収蔵物を眺めているだけの状態を甘んじているということです。
ホントは「プリザベーション・アドミニストレーター」的な立場の方が、最低でも県に一人でも常駐していたら良いのですが。

また防災対策でも、館の所蔵資料への防災・減災のガイドライン・マニュアルの整備があやふやなこと。
象徴的だったのは「文化財防災ウィール」についてお話しをした時です。午後の時間の少し余った時間を利用させて頂き、ウィールにまつわる話をさせてもらいました。
文化財防災ウィール」皆さんご存知でしょうか?これは2004年にTRCCが協力し、文化財保存修復学会が監修して、全国の所蔵機関に配布されたもの。「これは文化財防災ウィールというものですが、見たことがありますよね?」と質問したところ、手が上がったのは一人でした。ホントは「皆さんの館ではどこに掛けられていますか?」という話をして、そこに災害時の連絡先の記入がされているか確認し、その重要性を語りたかったのですが、それ以前に、ウィールそのものが存在していませんでした。もしかした掛けられていても風景と化して自覚がなくなってしまっているか、どこかに挟まれたまま置かれているのかもしれませんが、いずれにしまして存在を忘れられている、ということです。
3.11の時に、有って助かった、という噂を聞いたことがあるのですが、実態はどうなのでしょう。
そのウィールの片面に諸機関への連絡先を記入できる欄があるのですが、アメリカ版では、身近なコンサバターへの連絡先、という項目があるのですが、これは日本版からは抜けてしまっています。身近にコンサバターがいないので仕方ないのですけどね。でも何かあったときには、絶対に必要な連絡先なのですが。
皆さんには日頃の諸機関(消防署など)とコミュニケーションが大事ですよ、何かあったときに頼れるところとの「平時のお付き合い」が必要です、とお伝えしました。

皆さんとお話しした中で、震災後の対応で、一番の問題とした上がったのが、行政では、災害が起こった後は人命救助や被災者へのケアが最優先で、文化財や史料へのケアは後回しにせざるを得ない、という現実です。ちなみにそれは当たり前じゃない、と思われる方もおられると思いますが、それは先進国において国際基準の考え方ではありません。人命救助と資料の救出は「別問題」とならず、一緒に語られてしまうところに「日本の特徴」があるのです。北米では、所蔵品に保険をかけていて、有事にはプロの業者が、救出に向かうシステムとなっていますが、日本にはそのサービスがありません。
北米の災害マネージメント
北米の災害マネージメント
行政においては、生涯学習と文化振興が同じ組織が受け持っていることが多いと思いますが、災害があったときに、生涯学習課が被災者の支援の業務を任じられると、文化振興の分野の業務は停止してしまうということになるのです。被害が甚大になればなるほど、支援が長期化し、文化財の救済はずっとずっと後回しになります。結果、文化財や史料は、がれきの中でカビやバクテリアなどの微生物の格好の餌食となって、いざ救出が始まった時には、見るも無残な姿に変容することになります。覆水盆に返らずで、何か月前には健康を保っていた史料も、ごみ同然に朽ちてしまい、ただ嘆くばかりの状況となります。
現状では、本来、平等・均等であるべき「保存」と「活用」の業務のバランスですが、所蔵品の「活用」ばかりに重点を置かれて、「保存」対策とのバランスに不均衡を生じているようです。明日来るかもしれない大災害を前にして、このままでは、またもや被災地で多くの文化財が失われていくことになるでしょう。
これも私たち市民として対策してければならない問題ですね。TRCCも自分たちのできることを積み重ねて、この問題に取り組んでいきます。

AIC参加記3

今回は4人でのパネルの他に、天野さんと吉原さんがArchives Conservation Discussion GroupのTIP Sessionにもエントリーしました。TIP Sessionとは体験からの役立つ情報=TIPを発表する企画です。2人は簡単な英語でできるワークショップのデモンストレーションを予定していたのですが、当日に「今年はデモンストレーションは無しでパネル形式」と判明。急きょパネル用のプレゼン準備をして本番に備えた臨機応変な2人!日沖さんが通訳、私は記録担当です。

AIC_tip_5.17_all1

スピーカーは7名。
1)NARAの人:火事にあった公文書の焦げた部分のIRやデジタル撮影の試み
2)Kanasas大学Librariesの人:災害対応時のスタッフの工夫
3)Harverd大学のPreservation Centerの人:濡れた資料の応急対応の直後の教訓
4)Texas大学の人:図書館の濡れた本の自然乾燥の方法
5)Library of Congressの人:濡れた本の大規模な対応
6)神戸史料ネット吉原さん:濡れた資料を身近な道具で乾かす方法
7)宮城資料ネット天野さん:被災資料をボランティアさんと再現する方法

 

米国記録文書館NARAや議会図書館LoC、大学図書館のライブラリアンやコンサバターが自然災害で焼けたり濡れた資料の扱い方やスタッフトレーニングの経験談からの教訓をプレゼンする一方で、Shiryo-Netの天野さんと吉原さんは身近なモノを使った水損資料の乾燥方法や被災資料の再現といったヒストリアンによる異色のプレゼンで面白かったです。

聴衆の質問も鋭い。Q「Shiryo-Netのボランティアはいつどこに派遣するかどうやって決めるのか?」Q「所有者は自分から連絡するのか?」Q「日本にはAICのような災害時に連絡できるコンサバターの組織があるのか?」Q「どうやってShiryo-Netはボランティアの参加を促すのか?」という、Shiryo-Netをもっと知りたい!というツッコミの形でいい質問が続きました。

A「Shiryo-Netは平時から資料や所有者把握しているため、災害が起こったら、たとえ所有者から連絡ができなくてもShiryo-Netから連絡をとることができる。そしてレスキューのためにボランティアを派遣する体制を作る。そのために日頃から時間をかけて所有者と良い関係を築くことが重要なんです」
A「日本にも保存修復学会があるがAICに比べて規模は非常に小さく専任スタッフがいない。Shiryo-Netはコンサバターにレスキュー技術を教わることもある」
A「Shiryo-Netはヒストリアンのボランティア団体で、国内の様々な地域ネットワークを通じてメンバーへの参加を呼び掛けている」
彼らもあらためて日本でこういう質問をされることがなさそうなのでいい機会になったのではないでしょうか。

私自身も天野さんが泥に浸漬した資料の再現したと初めて知って「歴史研究者なのにコンサバターみたいなことしてるなぁ」と資料ネットってここまでしているのかと感心した次第です。

AIC参加記 2

 AIC大会について、ちょっとまとめます。
会場は東京フォーラムやビックサイトみたいなモントリオールで一番大きなコンベンションセンターです。
 1日目はメイン会場で午前中にGeneral Sessionがあり、午後は分科会のSpecial Session。分科会は専門分野の発表でArchitecture, Book&Paper, Collection Care, Electronic Media, Emergency, Objects, Paintings, Photographic Materials, Research Technical Studies, Sustainability, Textiles, Wooden Artifacts。なんと12もありました。
 1日目の夜はモントリオール美術館を貸し切ったオープニングレセプション。それ以外に、大会期間中、各分科会のランチミーティングや夜にレセプションがあり、北米中からコンサベーション関係者が集まる機会なので、情報交換の場がたくさん設けられています。
 2日目はAMが分科会でPMがGeneral Session。3日目の最終日はAM・PMに分科会とTip Session。ちなみに我々のパネルは2日目の午後のGeneral Session(Emergency,Disasterがテーマ)のDコース。このセッションもA~Eと5コースに分かれていて盛り沢山です。プログラムも雑誌みたいに編集されて詳細なスケジュールが載っているのですが、読み返してようやくわかってきた感じ(^^ゞ
 というのも、今回我々は2日目と3日目に英語のプレゼンがあったので、4人でリハーサルと準備に集中したため、1日目と2日目のセッションは参加できなかったから。残念でしたが仕方がなかったですね~。

 私は3日目AMのBook&Paperの分科会Sessionに参加しました。
 Book&Paper分科会には見たところ200人以上いて女性が多かったですねぇ。科学的な発表が続き理解が難しかったのですが、その中で印象的だったのが1966年のフィレンツェの洪水の時に大活躍したPeter Waters(2003年没)の奥さんSheilaさんのスピーチ。
 Post-flood Development of Mass Treatments at the National Library of Florence:the Roots of Library Conservationというタイトルで、50年前の生き証人としてMass Conservationの必要性や当時のコンサバターの様子や記録用紙など興味深い写真とともに振り返り、最後は皆がスタンディングで拍手して感動的な光景でした。イギリス人のPeter Watersは職人的だったRestorationとConservationの世界にたくさんの資料を効率的に安全に手当てするという考え・手法を取り入れた功績でとても尊敬されているのかがわかりました。実は今年フィレンツェ洪水から50年を記念して出版した「Waters Rising」という本のお披露目だったみたいで、ミーハーな私は早速その場で買ってサインしてもらいました。(せっかくカナダまで来たんですからね!)

そしてBook&PaperのランチミーティングのTip Sessionも参加しました。広い会場で12:00~2時間、30分のプレゼンが2つ、10分のミニプレゼンが3,4つありました。お弁当やリンゴを食べながら聞くカジュアルなスタイルですが、真面目にメモしている人も多く(ここも200人以上いた)質疑応答もあってセッション間の時間を有効に利用しているなぁと感心しました。

 

アメリカのAICカナダ大会に参加しました

スタッフの安田です。アメリカの文化財保存修復学会のAICのカナダ・モントリオール大会に初めて参加したのでそのご報告をします。(AIC=American Institute for Conservation of Historic and Artistic Works)
海外のコンサベーションの大会はIICとIADAに行ったことがありますがAICは初めて。しかも今回はスピーカーとして参加。
テーマは「Emergency!Preparing for Disasters and ConfAIC_tomokoronting the Unexpected in Conservation」。
メインは5/15日~17火の3日間で、前後の13,14,18にツアー、Pre-conference sessionやworkshopなどのイベントがあり、盛り沢山なスケジュールです。
私のプレゼンは2日目5/16月の午後のセッション(2:00-3:30pm)で日本人4人によるパネル90分間。

タイトルは、Saving and Preserving Family and Local History from Natural Disasters:Addressing Challenges from the Recent Earthquakes in Japan (自然災害から個人や地域の歴史を救い保全する:日本における最近の地震からの課題に取り組む)

メンバーは
ケンタッキー大学のConservation Librarianの日沖和子さん
神戸史料ネットの吉原大志さん
宮城資料ネットの天野真志さん
TRCCの安田智子の4人
ヒストリアンとコンサバターの混成チームです。テーマといい、このメンバーといい、なぜ?なのかはまたの機会に書きますね。

Processed with Rookie Cam

パネルの構成は、
日沖さんの担当は、スピーカーの紹介とアメリカの聴衆のために日本とアメリカの文化財保存や指定制度など背景の違いの概説です。
吉原さんは日本全国の資料ネット(総称としてShiryo-Net)についてプレゼンする役目です。1995年の誕生の経緯や市民ボランティアとの関わり、20年間に発生した災害で行ったレスキュー活動や吉原さんが行っている被災資料を手当てするワークショップの成果を紹介しました。
天野さんは2011年の東日本大震災による激甚な被害を被った宮城県での宮城資料ネットの活動についてのプレゼンター。被災地のヒストリアンとして5年間の資料のレスキュー経験を話しました。未指定資料も救済しやすくなった一方で、宮城資料ネットが今なおレスキューし続けて、膨大な被災資料を抱えて、ボランティアだけでは処理できないジレンマがあると課題もあげ、コンサベーションの専門家と協力し合う必要性に気づいたことを話しました。
私、安田はコンサバターとして資料ネットとの関わりをプレゼンする担当。2011年に宮城資料ネットや他の資料ネットの現場を訪れた経験やその後宮城でのワークショップを機にTRCCのマスコンサベーションの考えが資料ネットの2人に理解されていった経緯、レスキュー資料の保全が長期化している現在の問題にも触れました。天野さんを受けて、資料ネットとコンサバターと市民ボランティアが一体となって日本の歴史資料を保全するマスコンサベーションを模索中ですとつなげて終えました。

質疑応答では次々と質問がありました。(これが大事ですよね!)
Q 資料ネットの活動は今でも資金面で厳しいのか?
Q アメリカでは災害の場合は保険などで民間の災害復旧会社が対応するのが一般的だが、日本はないのか?資料ネットはそういうサービスも使えないのか? 
Q 資料ネットの市民ボランティアで資料を扱うのに興味を持ってコンサバターになりたいという人がいるか? 
Q 資料ネットのボランティアには海外からきてくれたことがあるか?外国人でも参加しているか?

答えは、以下です。
A 資料ネットは今でも資金的には厳しい
A 日本はアメリカとは保険制度が違うので民間の災害復旧会社やコンサバターに依頼するのは現実的ではない
A コンサバターへの関心を持つボランティアはあらわれたが現実的には厳しいようだ
A (資料ネットにではないけれども)海外の資料保存関係者から、被災資料の応急処置や資料所蔵機関の災害対策に関する文献が送られてきたことがある。

いずれも、資料ネットやコンサベーションに関する本質的な質問だったので、我々のプレゼンが聴衆に伝わったんだなぁ~とわかりとても嬉しかったです!
「よくわかったよ、いいプレゼンでしたね」とNY大学のコンサバターやDCの災害関係者の方に声をかけていただき、初めての海外での発信は成功といえるのではないでしょうか。AICのサイトに私たちのパネルの感想が載っているのをみつけました!「日本からのこのShiryo-Netの発表では、北米の災害のコンサベーションと違う対応でボランティアが資料を救っていること、ただし膨大な資料を救うにはさらなる展開developが必要がある、国が違うと資料の背景や被災資料を見つけて救い出す方法が違っていることは驚きだ」とありました。以下がコメントの全文です→

http://www.conservators-converse.org/2016/06/44th-annual-meeting-saving-and-preserving-family-and-local-history-from-natural-disasters-addressing-challenges-from-the-recent-earthquakes-in-japan/

こういうふうに感想を寄せてくれるとはうれしいですね。海外で日本のことを発信する機会を持つことで、いろんな気づきが得られたAICの発表でした。

AICの参加記はもう少し続きますね。

展示会で見つけた「カビナイバッグ」とは?

カビナイバッグ02先週金曜日(2015年7月10日)に東京ビックサイトに行き「国際文具・紙製品展(ISOT)」を見て回ってきました。ポリプロピレンと炭カルで作った合成紙や、紙を積層にしてカード類を挟めるおしゃれなグッズやファイリングで綴じ具を外さなくても抜き差しができるバインダーやら折り紙できる箸袋やら、紙にまつわる提案型の商品に満ち満ちておりました。個々の企業の持つ技術を応用したアイディアを商品にして、直に販売店に卸して販売を目論む中小企業がたくさんいて、それぞれよく考えられた面白い商品もたくさんあることを目の当たりにして、弊社のスマファイ も頑張らねば、と気を引き締めた次第でございます。
そんな展示会会場で見つけたのが、コレ、「カビナイバッグ」。なんと“カビが生えるのを防ぐ”チャック袋です。株式会社トップ堂という会社の持つ「カビナイコート」という技術を応用した商品だそうです。カビナイコートの特徴をウェブから拾うと「カビナイコートとは、これまでにない抗カビ性能をグラビア印刷にてパッケージに塗布した、全く新しい概念の印刷物です。また、人体に有害な添加物や溶剤を使用しておりませんので、あらゆるパッケージにお使いいただけます。」とのこと。
一般用途としては、カビが生えて困る食品やアクセサリー類の保管が例として上げられております。この高温多湿の日本では、特に革製品の保管で効果を発揮するでしょう。なにしろ袋内のカビの浮遊菌の細胞壁を破壊して、微生物を仮死状態にしてしまう効果があるというのですから、カビが生えるまえにこの袋で保管すれば、あとは使うまで入れたままにしておけば良いということになります。ホコリよけにもなりますね。面白い商品が出てきたものです。(ちなみに使用上の注意に「カビが既に付着している品物には効果がありません。」とあり。 f(^ ^))
ISOT会場にて、ブース前でこの商品を手に取りながら、そこはコンサバターの性でして、これを水濡れ資料の緊急避難のツールにできないか、と考えておりました。災害で紙資料が水害に遭ってしまったときに、とにかく濡れたままでも、カビが生え始める前にこの袋に入れてしまえば、本格的な救出の処置を取ったり、専門家に見てもらうまでの時間稼ぎができるのでは、と。
災害対策を考えなければならない公的な所蔵機関の方々、この機能をちょっと検証されてみてはいかがでしょう?ひとたび災害に巻き込まれ、資料たちが水濡れしてしまい、ああ、カビが生えてしまう、臭いもしてきた、でもなにもできない、そんな藁にもすがりたい状況になれば、こんなアイテムが、急場を救ってくれる救世主になるかもしれませんものね。

近況とリーフキャスティングの歴史に関する新しい記事のお知らせ

光陰矢の如し、いつの間にやら年も明けて2015年となってしまいました。
昨年は夏の終わりから、初冬にかけまして、つくばの国立公文書館分館にいそいそ通っておりました。リハウジングという保全作業の調査研究事業の実行部隊として作業に勤しんでいたのです。「リハウジング」、、、?? 聞き慣れない言葉かもしれません。当然、リハウス、とも違います。専門的な修復技術を持っていなくても資料の保全ができ、利用もしやすくなり、なおかつ低予算、という費用対効果抜群の作業なのです。詳しいことはまた後日に、ブログかホームページに載せようかと思います。ひとまずは、昨年度、国立公文書館の委託で調査研究しました「特定歴史公文書等の劣化状況等に係る調査研究業務」報告書、5-2-2.破損資料への対応策 と 5-4-2-1.リハウジング処置対象資料の考え方 の項を参照くださいませ。
そんな調査も終わり、年末からは年度末に向けて積もりに積もっている、本業の修復作業の波に飲み込まれています。
さて、久々ではございますが、弊社のホームページの「アーカイブ」のコンテンツをアップ致しました。
『資料の保存と修復「リーフキャスティングによる紙資料の修復と保存について」 』
TRCC元代表の坂本勇氏のリーフキャスティング関連の記事で、千葉県文書館発行の「千葉県の文書館」19号に昨年掲載されたものです。HPのコンテンツに「リーフキャスティングの歴史-日本の動き」がありますが、その黎明期における当事者の一人である坂本氏の記事ですので、世界的にも珍しい和紙を用いたリーフキャスティングの技術を確立した状況の、ある一面を知ることができます。