カテゴリー: おしらせ

AIC大会:参加者の投稿から

安田さんがレポートしているAIC大会ですが、(そのレポート内でも紹介されていますが)AICの「All Posts」に彼らの発表を聴講した人からの投稿を、児島からも紹介します。

44th Annual Meeting – Saving and Preserving Family and Local History from Natural Disasters: Addressing Challenges from the Recent Earthquakes in Japan

私は英語が不得意なので、インターネットの翻訳ソフトを使いながら訳しながら読んだのですが、その文面からも、とっても興味深く聴講してもらっていることが伝わってきます。せっかくですので、恥かきを承知で、私が訳した文を参考までに載せさせて頂きます。以下が訳文となります。(意訳・直訳、混在しております。悪しからず。おかしな部分は原文-上記青字の題名をクリック-におあたりください。)

《 2011年に起きた日本の津波への対応に関して発表しているこのパネルは、天野真志、日沖和子、石丸(安田)智子と吉原大志がプレゼンターでした。天野氏と吉原氏は両人とも歴史研究者です。そして、安田さんは東京にある民間企業のコンサバターです。日沖さんはアメリカ合衆国のコンサバターで、質疑応答セッションの間の彼女の優れた翻訳には心から感謝しています。

プレゼンテーションの内容は、北アメリカの聴衆に対して、驚くべき、いくつかの面白い文化的な「違い」を明るみに出すものでした。大多数の公的な記録資料(吉原氏によると、数は90%に上るかもしれないと)は、公的または政府機関よりはむしろ、個人所蔵で保管されているというのです。このことは、ひとたび災害が起きれば、誰が所有者であるのか、どんな記録が巻き込まれたか、または、それらの記録がどこにあるか知ることが、しばしば困難になることを意味します。よく史跡において、まさしく歴史的または現代の記録資料が屋根裏やコミュニティ・センターで発見されます。これは、税資料、戸籍と法的文書を含むものです。

日本における自然災害の傾向は、もう一つの重要な「違い」を引き起こします。あまりリスクを取らない日本の保険会社には、自然災害向けのサービスを提供することは到底できません。これは公的機関や個人所有のコレクションは、修復業者に費用を払うことについて保険を適用させることができない、ということです。だから日本では、復興支援のできる修復業者が非常に少ないのです。日本の個人や公的機関では、ひとたび自然災害に見舞われれば、われわれの住む北アメリカで受けることができる同じ緊急災害対応サービスには頼ることができない、というのが結論です。

プレゼンターから2011年の津波後の災害復興を支援している彼らの仕事についての話がありました。プレゼンテーションの大部分は、史料ネットの活動に焦点が当てられていました。(津波に対応した宮城の事例では英語表記のブログがあります)
史料ネットとは、特に保護問題を扱うために災害に応える歴史家とボランティアの草の根の組織であり、例えば、可能な場合はいつでも、記録史料の所在調査を行ったり、救出して保全処置を行います。史料ネットは、1995年の阪神-淡路大震災の後にできて、日本の全域で、24の地域に連携が広がりました。

当初から史料ネットは、記録資料の90%といわれる、いまだ図書館と文書館に所蔵されていない史料の保全に注力しました。その活動は、すべてメンバーシップ会費と寄付によって資金を供給されています。史料ネットは、2004年の兵庫県での洪水において初めて本格的なコンサベーションを行いました。この災害の間、彼らは、ボランティアに教えられることのできる簡単な応急手当処置を行う上で、コンサバターと働くことができ、そして、彼らが遭遇した困難がワークショップ開催を促進させ、コンサベーションができるボランティアのためのボランティア・トレーニングのセンターとなりました。もう一つの洪水が2009年に兵庫で起きたときは、対応がより迅速に、そして、文書へのケアのレベルはより良いものになりました。今や、史料ネットは経験豊かな組織であり、災害対応はもちろん、リーダーシップ・トレーニングとボランティア教育を目指しています。

プレゼンターによる講演の、第2のおもな焦点は、2011年の地震と津波に対する史料ネットの対応に関したものでした。被災地域での活動では明らかな難しさが存在し、それは、大勢のノンプロの力をもって活動することの難しさでした。復興の過程の上に、史料ネットは、5,000人のボランティアと活動しており、そのような絶えず変わる人員を供給し、管理し、またトレーニングするための技術を開発しなければなりませんでした。災害のスケールと範囲が広く、救出作業は災害の3年後でも進行中の状態でした。津波が起きてから、史料ネットは70,000点以上の資料を救い、そして、少なくとも50,000点が処置をいまだに待っている状態です。

プレゼンテーションは情報に富み、魅力的なものでした。異なる国において直面した異なる挑戦と、それらの挑戦が対応・克服された方法について聞くことができて面白かったです。彼らの話題についてわたしがこのポストを作成することに対して、もう一度プレゼンターに感謝をしたいです。》

以上が投稿の訳文です。日本はコンサベーションでは随分と理解と存在が進んでいない国なので、欧米のコンサバターからみると、驚きの事実が多々あるようです。「民間にこんなにもたくさんの記録資料が点在しているんだね」「こんなに災害が多い国なのに、保険が適用できないなんて」「ボランティアでこの事態に対応しようなんて、チャレンジだよ。ほんとびっくり」
発表したプレゼンターの伝えたいことが、直球で伝わったようで、4人の努力が報われたのでは、と感じます。 4人には2年後の大会でも後日譚、もしくはさらなる発展を報告する野望があるようなので、楽しみです。

AIC参加記 2

 AIC大会について、ちょっとまとめます。
会場は東京フォーラムやビックサイトみたいなモントリオールで一番大きなコンベンションセンターです。
 1日目はメイン会場で午前中にGeneral Sessionがあり、午後は分科会のSpecial Session。分科会は専門分野の発表でArchitecture, Book&Paper, Collection Care, Electronic Media, Emergency, Objects, Paintings, Photographic Materials, Research Technical Studies, Sustainability, Textiles, Wooden Artifacts。なんと12もありました。
 1日目の夜はモントリオール美術館を貸し切ったオープニングレセプション。それ以外に、大会期間中、各分科会のランチミーティングや夜にレセプションがあり、北米中からコンサベーション関係者が集まる機会なので、情報交換の場がたくさん設けられています。
 2日目はAMが分科会でPMがGeneral Session。3日目の最終日はAM・PMに分科会とTip Session。ちなみに我々のパネルは2日目の午後のGeneral Session(Emergency,Disasterがテーマ)のDコース。このセッションもA~Eと5コースに分かれていて盛り沢山です。プログラムも雑誌みたいに編集されて詳細なスケジュールが載っているのですが、読み返してようやくわかってきた感じ(^^ゞ
 というのも、今回我々は2日目と3日目に英語のプレゼンがあったので、4人でリハーサルと準備に集中したため、1日目と2日目のセッションは参加できなかったから。残念でしたが仕方がなかったですね~。

 私は3日目AMのBook&Paperの分科会Sessionに参加しました。
 Book&Paper分科会には見たところ200人以上いて女性が多かったですねぇ。科学的な発表が続き理解が難しかったのですが、その中で印象的だったのが1966年のフィレンツェの洪水の時に大活躍したPeter Waters(2003年没)の奥さんSheilaさんのスピーチ。
 Post-flood Development of Mass Treatments at the National Library of Florence:the Roots of Library Conservationというタイトルで、50年前の生き証人としてMass Conservationの必要性や当時のコンサバターの様子や記録用紙など興味深い写真とともに振り返り、最後は皆がスタンディングで拍手して感動的な光景でした。イギリス人のPeter Watersは職人的だったRestorationとConservationの世界にたくさんの資料を効率的に安全に手当てするという考え・手法を取り入れた功績でとても尊敬されているのかがわかりました。実は今年フィレンツェ洪水から50年を記念して出版した「Waters Rising」という本のお披露目だったみたいで、ミーハーな私は早速その場で買ってサインしてもらいました。(せっかくカナダまで来たんですからね!)

そしてBook&PaperのランチミーティングのTip Sessionも参加しました。広い会場で12:00~2時間、30分のプレゼンが2つ、10分のミニプレゼンが3,4つありました。お弁当やリンゴを食べながら聞くカジュアルなスタイルですが、真面目にメモしている人も多く(ここも200人以上いた)質疑応答もあってセッション間の時間を有効に利用しているなぁと感心しました。

 

TRCCのホームページをマイナーチェンジ

以前から予告していましたが、TRCCのホームページの改良工事が終わり、ようやくリリースすることができました。
改良のポイントは、、、
1、スマフォやタブレットでの閲覧が容易になるように、可変グリッドレイアウトというツールを使って制作、デバイスの解像度に応じてレイアウトが組み変わる形に。
2、Indexページ(いわゆるホーム)で各コンテンツを視認できるように、見える化を図りました。
3、TRCCの技術ではなく、仕事や事例などがわかり易くなるように、コンテンツを新設しました。
といったところです。
例えば新しいコンテンツですが、東京国立博物館所蔵の重要雑録の修復や、工房内でリハウジングを行なった恵泉女学園史料室の段ボール資料のリハウジングの工程の紹介など、TRCCの仕事の一部ですが、ウェブ上で見て貰えるようにしました。
始めてTRCCのことを調べに来た人も、今までリピートして訪れてもらった人も、迷い込んで入ってきた人も、最初のホームのページを見ただけでウェブサイトの全体を俯瞰できるようになったのではと思います。
今後ともTRCCをご贔屓のほどお願い致します。

水濡れ資料の修復の記事のアーカイブ追加

k008_0077月初旬、梅雨まっただ中。あらゆるものが湿気を帯びて、日に日に不快度の指数が上がっております。
もう半月もしないうちに夏へと突入していきますが、資料の保存する機関でも「空調」が大活躍を始めることと思います。しかし、この空調。ひとたび不具合を起こしますと、大事故につながる恐れがある魔物でもあります。とくに大きな建物のセントラル方式の空調システムは、ひとたび事故を起こしますと、大事件となってしまいます。もう7年も昔になってしまいましたが、児島の経験を「現代の図書館」という雑誌に掲載した記事があります。(「現代の図書館 Vol.46 No.2 (通号 186) [2008.6]」)
これは空調の配管の不具合で、冷熱を運ぶ大量の循環水が一気に噴き出し、大学の研究室を水浸しにしてしまった事件が2007年の夏にありまして、大事な研究資料のうち、古文書53点を修復した顛末を報告したものです。
東京修復保存センターのホームページの「TRCCのアーカイブ・コンテンツ」にコンテンツとして加えました。空調事故の内容ですが、もちろん、洪水などの水害対策でも参考にして頂けると思います。これから夏を迎えるにあたりまして、ぜひご一読のほど。(久しぶりに自分の書いた文章を見返しましたが、こなれていないなかでも一生懸命に書き綴っております。ご笑納のほどお願い申し上げます、といった気分です。f^_^)

「保存と活用」の保証と災害対策 ~水濡れ資料の救出と修復作業を通じて~

掲載時は白黒の画像でしたので、ウェブ用に作り替えるにあたりましてカラー画像にしております。自分でもこの画像を見ると、当時、資料から発せられていた発酵臭~サイレージ飼料のような、もっさり(?)した臭い~ のガチでリアルな記憶が、鼻の奥に立ち上がって参ります。なかなか印象的で微妙に不快な臭いでした。

このブログやTRCCのホームページも、またはウェッブショップのほうも、夏の終わる9月あたりまで、順次バージョンアップをして、より使いやすく皆さんのお役に立てる情報を発信できるように改善をしていく予定となっております。乞うご期待!でございます。

近況とリーフキャスティングの歴史に関する新しい記事のお知らせ

光陰矢の如し、いつの間にやら年も明けて2015年となってしまいました。
昨年は夏の終わりから、初冬にかけまして、つくばの国立公文書館分館にいそいそ通っておりました。リハウジングという保全作業の調査研究事業の実行部隊として作業に勤しんでいたのです。「リハウジング」、、、?? 聞き慣れない言葉かもしれません。当然、リハウス、とも違います。専門的な修復技術を持っていなくても資料の保全ができ、利用もしやすくなり、なおかつ低予算、という費用対効果抜群の作業なのです。詳しいことはまた後日に、ブログかホームページに載せようかと思います。ひとまずは、昨年度、国立公文書館の委託で調査研究しました「特定歴史公文書等の劣化状況等に係る調査研究業務」報告書、5-2-2.破損資料への対応策 と 5-4-2-1.リハウジング処置対象資料の考え方 の項を参照くださいませ。
そんな調査も終わり、年末からは年度末に向けて積もりに積もっている、本業の修復作業の波に飲み込まれています。
さて、久々ではございますが、弊社のホームページの「アーカイブ」のコンテンツをアップ致しました。
『資料の保存と修復「リーフキャスティングによる紙資料の修復と保存について」 』
TRCC元代表の坂本勇氏のリーフキャスティング関連の記事で、千葉県文書館発行の「千葉県の文書館」19号に昨年掲載されたものです。HPのコンテンツに「リーフキャスティングの歴史-日本の動き」がありますが、その黎明期における当事者の一人である坂本氏の記事ですので、世界的にも珍しい和紙を用いたリーフキャスティングの技術を確立した状況の、ある一面を知ることができます。

TRCCのウェブページをマイナーチェンジしました。

昨年からの懸案でしたTRCCのホームページのリフォーム。やっと公開にこぎつけました。
一見しまして、前のものと変わりませんが、HTML5の仕様に変更されております。画像を減らしまして、例えばナビなど、CSS3での指示による表現に変えちゃいました。少しでも軽く見て頂こうというのが目的です。
もうパソコンのディスプレイだけでウェブを見る時代ではなくなり、タブレットやスマホでご覧になる方も多くなりました。ちっちゃな画面でも内容が読みやすいように、ちょっとでもレスポンシブWebデザインというヤツに近づこうと、ヘロヘロになりながら、マークアップで一進一退の苦行を続けておりました。とりあえず形になり、アップできまして素直に喜んでおります。
さて、これでまずは基盤が整いましたので、これから、昨年取り組んで形にしてきました様々な私たちの取り組みをコンテンツにして、ウェブ公開を始めて行こうと思います。夏が過ぎてしまいますと、本業(?)の修復やスマファイ事業の実働が立て込んできますので、その前に、一つでも多くのコンテンツを見て頂けるように制作に励もうと思っております。
ちなみにウェブページの「アーカイブ」のコンテンツに、さぼっておりました安田のコラムを4本ほどプラスしております。一読頂けますとうれしいです。
また前回のブログで紹介しましたリーフキャスティングの動画も、ウェブページに表示させるようにしましたので、ブラウザによって制約はありますが、再生が楽になっております。mp4をWebMに変換できなかったので、FirefoxとOperaご愛用の方にはごめんなさいです。
たまにチェックしてもらいますと、コンテンツが増えているかも(!?)しれませんので、今後ともTRCCのホームページをどうぞよろしくお願いします。