AV資料整理<カセットテープ>スマートファイリング編【収納する】

カセットテープの整理をする日に史料室訪問。土屋さんと森先生、安藤さんが迎えてくださいました。 スマファイの箱は薄くて軽い段ボールなので組み立ては簡単です。私にできるのは早くきれいに組み立てるコツを伝授する程度。リーダー役の土屋さんが実際にどの順番で収納するか決めている間に、森先生と安藤さんと私の3人で箱をサクサクと組み立てます。お二人ともすぐに慣れて手際が良いため楽しく組み立てて、みるみるうちに箱の山ができました。 リストの順に古い時代のテープから納めます。なるべく隙間を作らないように収納し、同じグループでも入りきらなかったら次の内箱に入れます。そしてポストイットにリストの番号や簡単なタイトルを書いて箱の上に貼りつけます。外箱も同様です。順番を変える、重複テープを省くなどは、土屋さんと相談して決めます。整理しながら「○○先生のお話があった!」「あの時こんなことあったんだね」といった話で盛り上がります。しかしカセットテープは紙文書と違ってケースに入っていて中を見られないためタイトルで判断するしかなく、作業の手が止まらず時間がかかりません。 カセットテープをビッシリ納めると内箱は約1.6㎏。外箱に5箱入れると8㎏で結構重くなりますが、中に内箱が詰まっているためしっかりして女性でも持ちやすいです。

ここでスマファイ・ポイント~ SP1:外箱を重ねて収納してコンパクト 棚に外箱8つを4列2段に並べて、見た目もすっきり。全部で15箱なので、現在4棚→2棚になり、2棚分のスペースができました。 SP2:スペーサーの活用 分類の関係でどうしても箱に隙間ができる場合そのままだとテープがカシャカシャ動いてしまう。そこで、長方形のスペーサーでコの字に折って詰めてみました。段ボール紙の端材で作れて隙間もピタッと詰められて無駄なくいい感じ。こういう隙間を詰めるのをスペーサーとかインナーといいます。

2回に分けて、大学史料室の大量のカセットテープの収納整理をご紹介しました。アーキビスト目線で所蔵するAV資料というアーカイブの整理をデザインし箱にファイリングすることを、スマートファイリング式で形にさせていただきましたが、これってリハウジングの一つのモデルといえるかも。スマファイの容器がうまくマッチしてうれしいです。AV資料の整理はスマファイにお任せください! 最後に、恵泉女学園大学は教育に園芸を取り入れられているとのことで、学園のキャンパスには季節のお花の庭があふれてとてもきれいなんです。卒業生でもある土屋さんが翻訳された本をご紹介しますね。とっても素敵なお庭の本です。→ジーキルの美しい庭-花の庭の色彩設計

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)