「お出かけ」カテゴリーアーカイブ

●ケンタッキー訪問記【リハウジング作業】

アーカイブを見た後にリハウジング作業の部屋に寄りました。
入り口のすぐ横の広い部屋が受け入れた資料の整理のスペースになっていて、たくさんの受け入れた段ボール箱があり、整理中の資料が広げられていました。

資料を新しいボックスに入れ替える作業では、分類整理のルールが決まっていて、個別フォルダを使って紙資料を仕分けていました。この過程で金属クリップを取ったり、ファイルボックスに入らない丸めたポスターなどは大判フォルダに挟まれます。マウントしたフィルムをアシッドフリーの容器にリハウジングしたり、社外倉庫に保管している資料の入れ替えといった私には珍しい作業も行われていました。

この時は資料は個別フォルダはかぶせ蓋ボックスにきれいに入れ替え中で、隣では大学アーキビストがそのボックスをデスク横に置いて、個別フォルダと広げた上で資料を見ながら書き込んだ情報などをパソコンで入力していました。個別フォルダは二つ折なのでサッと開けば中身は一目瞭然。これが封筒だと中身が見えず出して確認するのが結構な手間となるようで、リハウジング段階では資料を扱いやすい個別フォルダやL字封筒がよいことがわかります。ポストイットでメモを貼ったり、整理前段階の仮整理的な作業が無駄なく進めやすそうです。

広い部屋には資料がたくさんありましたが、整理に使う包材や箱が決まっていてルールがあるのでシステマチックに作業が進行しているようです。広い スペースは日本のアーキビストにはうらやましい環境ではないでしょうか。資料整理の参考になればと思い、紹介しました。

ケンタッキー大学訪問【アーカイブ】

スマファイ店長やすだです。 10月にアメリカのケンタッキー大学UKを訪問しました。 Conservation Librarianの日沖和子さんの紹介で、図書館のSpecial Collections&ArchivesのアーキビストのRuth Bryanさんにアーカイブを案内してもらいました。主に受入れ資料のリハウジングの流れを見せてもらいました!ukrh-01
大学の教授や関係者の資料や地域資料などを積極的に受け入れているとのこと。
一番初めに茶色い段ボール箱に詰め込まれた資料がある書庫に行きました。これは日本でもよくみる光景です。段ボール箱にガサッと入った受け入れ資料を選別するのがアーキビストの役目の1つ。ukrh-10
↓ リハウジングするとこうなります。↓ukrh-12-1

リハウジングの基本は、資料を整理して、新しいボックスや個別フォルダに納めていきます。その中で「金属クリップを取るかそのままか」「封筒から手紙を出して伸ばすか出さないか」「補修が必要か」といった判断をします。個別フォルダはアメリカ定番のMetal Edge社のがっちりしたA4のファイルボックスに収納します。 書庫に定型のファイルボックスが並んでいる様子を見ると、初めに見た段ボール箱からリハウジングしてスッキリ。スマファイと一緒♪

量が多い場合はかぶせ箱に個別フォルダをビッチリ詰めてました。「重くなっちゃうんだけどね」といいながらかぶせ箱を出してくれるRuthさん。大きな地図やポスターは平たい箱に平置きは日本でも同じです。あらためて、個別フォルダとファイルボックスの組合せは使いやすく、リハウジングの基本だなと思いました。
亀裂がある資料が出てきた時に「こういうのは補修するの?」と聞くと「補修したいと思うけど、歴史資料はたくさんあるから、時間や優先順位を考えないといけないので、うーんこれだと処置しないわ」と答えてくれました。日本の担当者と同じお悩みですね。

封筒よりも、個別フォルダが主流みたいです。個別フォルダへの資料番号やタイトルの書き方やそれぞれの位置もちゃんとルールがあってシステマチックに管理されています。
箱のラベリングは手書きもあれば、印字したラベルがきれいに貼られているものもあります。手書きは「大きな文字で見やすく」で納得。

日沖さんから聞いていたアメリカのリハウジングを実際に見ることができました。笑顔が素敵なRuthさんのテキパキとした案内のおかげで、リハウジングの概要を把握できましたが、 想像以上に、大量のアーカイブを上手に整理し省スペースでシンプルで使い勝手よく管理されていて、すがすがしい印象です。日本のアーカイブ資料にもリハウジングは相性がよさそうです。

ケンタッキー大学図書館のオフィシャルブログに私の訪問が載りました。http://uklibrariesbirdseye.blogspot.com/2016/10/tokyo-restoration-and-conservation.html

アーカイブのリハウジング【実践編】

基礎編では、アーカイブの原形保存において資料にどんな処置を施したのかという記録を残すことで、基本原則から外れることなく、資料の現状を改善して保全することがリハウジングですとお伝えしました。 リハウジングの基本作業自体は誰でもできることです。誰でもできるようにするには、マニュアルと監督役(=リーダー)が必要です。したがって実践編では、実際の作業について、これからリハウジングに関心を持つみなさまにお役に立つようにご紹介します。

♪リハウジング実践編 Advanced lesson about Rehousing♪

1)現状記録    Documentation
2)紐等の除去   Removing
3)ドライクリーニング Dry Cleaning
4)整形      Reshaping
5)容器収納    Repacking
6)再排架         Reshelving

●1)現状記録 Documentation
<記録:調書> 記録する項目は、年月日、通番号、資料番号、置き方、大きさ、厚さ、資料のタイプと綴じ形態です。 手っ取り早いのは、紙の調書に手書きで記入する方法ですが、後々のことを考えると、便利なのはタブレット入力です。NAJの調査研究もタブレットを利用しました。調書を何枚も持たなくてよく、項目の変更・追加も簡単で、入力データはそのままリハウジングのデータベースになります。
<記録:画像> 調書を補完する記録として画像を残します。デジカメで撮影しますが、近現代アーカイブ資料は似たようなものが多いので、代表的な資料をデジカメで撮影したら、後は「以下同文」扱いにできます。棚の外観撮影をしておくのもよいです。
<記録:その他> 記録は資料に目を通す機会なので大切ですが時間をかける必要はありません。リハウジングで劣化破損の診断をするならば、「診断基準マニュアル」を用意してください。診断に個人差が生じないように、平成26年度のNAJの劣化調査の診断基準、診断マニュアルの解説を参照してください。(pp63-70)

●2)紐等の除去 Removing
<紐・包み紙の扱い> 麻紐、ビニール紐が簡単にほどけなかったら、ハサミで切ってください。古文書と違って結び方などに特別な意味はほとんどありません。変わった紐は廃棄するかどうかをリーダーに照会してください。包み紙なども同様。
<資料の扱い> 紐や包み紙を取った後は、資料の順序が変わらないように気を付けて、仮置き箱を用意して納めます。資料が分厚ければ、適当な量に分けて枝番を付けて箱に入れます。ドライクリーニングの時に順番がわかるようにします。なお、仮置き箱は蓋のない浅いトレーのような形状がよいです。

●3)ドライクリーニング Dry Cleaning
これはクリーニングマシンが必要です。ない場合は、段ボール箱などで代用するしかありませんが、作業環境を整えるのは資料にとっても作業者にとっても大切なので、ぜひ購入してください。TRCCで使用しているHEPAフィルター付で優しく吸引してくれる卓上型はおススメです。
<クリーニング> 毛が柔らかい刷毛ややや堅めの刷毛をホームセンターなどで用意してください。最初はページを開かないで外側に付着した埃や塵等の汚れを払い落とします。次に表紙やページを開いて内部に入り込んでいる汚れを払います。紙が折れている部分や綴じの隙間には埃が入り込みやすいので、毛足の長い刷毛で丁寧に除去します。触っても手が汚れない程度になったら完了です。

●4)整形 Reshaping
本紙の折れやシワを伸ばしたり、はみ出した文書を整えて冊子の中に納めます。大きなパンチ穴の外れ程度なら綴じ直します。劣化が著しい文書があれば、封筒に入れたりしてバラバラにならないようにします。また錆びた金属留め具(ステープラーやクリップなど)について、除去するかしないかはリーダーに照会してください。
<整形と修復の違い> 道具や時間を要する専門的な修復技術と違い、リハウジングにおける整形は、原則として水や糊を使わないで文書の形状を改善する作業です。折れやシワを伸ばしたり、文書の偏りやはみ出しを整えるだけで、ずいぶんと資料が扱いやすくなります。1冊を修復する時間と費用で何十冊もの資料がリハウジングできるともいえます。

●5)容器収納 Repacking
資料を傷めないように使うのが容器・包材です。棚に排架しやすい定型の容器に資料を納めて保護します。例えば、縦に排架する薄い資料はパンフレットボックスに、封筒に入ってる資料はファイルボックスに納めます。いずれも出し入れによるストレスが改善されます。かぶせ箱も角0封筒が納まる小型サイズがあると資料がまとめて納められるので便利です。 文書のはみ出しや軽度の破損がある簿冊資料は保護用紙で包んで2㎜程度の厚いボードでしっかりと挟むアーカイブラッパーと紐帙(ヒモチツ)を組合せてリパッキングします。厚すぎる資料は分冊して保護用紙に包んで紐帙に挟みます。
<容器収納の効果> 容器が定型だと、スペースに無駄がなく排架がすっきりとします。資料に合わせて容器を作るより、容器に合わせた方が案外整理しやすいです。ちょっと傷んだ資料や弱い資料を紐で横方向に一重に括る、封筒に入れるといった簡単な方法だけでも資料を傷めません。簿冊資料のアーカイブラッパーと紐帙の組合せは、縦置きでも横置きでも、隣り合う資料を傷めないので便利です。

●6)再排架 Reshelving
棚を乾いた布で拭いてから資料を並べます。ファイルボックスやパンフレットボックスを利用すれば資料を積み重ねずに立てて排架できます。 再び排架する段階は資料を手に取っても黒くならないし出し入れしやすくなるのでとても気持ちがいい作業です。 3回に分けて、アーカイブ資料のリハウジングについて書いてきましたが、ここで小休止。 このトピックはスマファイに通じるものなので、また具体例やマニュアルについてもご紹介します。リハウジングしてみたいなと思ってくださったら幸いです(^.^)。リハウジング用の保存容器を近々webshopでも扱う予定です。詳しく知りたい方はスマファイ店長までメールしてください。

★おまけ
NAJのリハウジング調査ではしなかった書庫内作業ですが、オランダのアーカイブでは書庫の一角でリハウジング作業を行っARA_verpakkenてました。スタッフ2名が資料を刷毛でクリーニングしてから包材で包んで収納するリパッキング作業は、動線に無駄がなくテキパキと手を動かしてとてもシンプルな流れが印象的です。 オランダの公文書館職員のマニュアルの中にVerpakken van Archievenというリハウジングの章がちゃんとあるからだと思われます。(図はリパッキングの机や備品の配置図)  

★リハウジングの視点
日本のアーカイブズでもリハウジング的なことは当然行われています。受入れ資料を燻蒸して汚れを落として登録して収蔵するという一般的な流れはほぼリハウジングです。違いは、資料が紐で縛られて分厚かったり、汚損破損がひどい状態だと、利用が困難な資料として、原形保存に則った修復対象のように扱われてしまいがち。当然、大量の資料の修復予算はないためストップします。それをリハウジングの視点でみたら、クリーニング→整形→リパッキングの作業でかなり多くの資料が整理できるようになります。

こどもが自分で整理・こどもアーカイブ

大学や文学館のスマファイを使ったアーカイブに引き続き、今回 社会福祉法人やまぶき会・ひのはら保育園の事例を紹介します。

東京都西多摩郡檜原村にあるひのはら保育園は、モンテッソーリ教育に基づいて、子供自ら選ぶことから育つ「自主性」、出来たという「達成感」を毎日繰り返すことによって、「自分の生きる力」で自分を形成していく環境の実現を目指している保育園です。新しい園舎は地元の木材をふんだんに使った建物で、木の香りとぬくもりに包まれて、あたらしいのに懐かしさと安心感をあたえてくれる理想的な園舎です。 この保育園では5,6歳児にA4のスマートファイルボックスを使ってもらっています。女の子はベニ花素材のピンク色、男の子はササ素材の緑色です。段ボールの素材や形状の特長について事前に担任の先生に説明してお渡ししました。そして3週間後に再訪問しました。

いやいや、ボックスは園児の整理箱として、日頃の活動の一環にすっかり根付き、園舎のお部屋の風景にも溶け込んでいました。 ボックスの好きなところに名前や絵が書いてあります。 自分の制作したものは、自分のボックスに納める。自分で運んできたボックスを自分の小さな手で蓋を開けて、個別フォルダーを引き出して、描いたものをフォルダーに納める。終わったらきちんとボックスの蓋を閉めて、また自分でボックスの置き場所に戻す。園児は自慢げに広げて見せたり、「このはこは、ちょっとぬれてもだいじょうぶなんだよ!」と、先生から伝えられたことを教えてくれたり。 こんな小さな子供たちに『この箱に入れておくと長持ちする』という私たちのメッセージがちゃんと伝わっていて、期待以上で本当に驚きました。

続きを読む こどもが自分で整理・こどもアーカイブ

紙の修復保存の夏の講義2

5日間の東海大学湘南キャンパスでの夏の集中講義を無事終えました。後半になると学生達もリラックスしてきて質問も出てきますねぇ。今回私は16、17世紀のヨーロッパの手漉き紙をライトテーブルで透かしてウォーターマーク(透かし模様)を見せてみました。ヨーロッパ的な紋章やクジラやライオンの形が面白かったのか、興味を持った学生がいて、やっぱり現物を見せると反応あります。リーフキャスティングやフィルムエンキャプスレーションのサンプルはいつも興味津々で穴が開くかと思うほど見てくれます。紙の劣化要因(酸性度、温度湿度、光、微生物など)や環境などは目に見えないものばかりですから。

実習をご紹介します。紙の酸性度を調べる実習は、チェックペンやpHメーターなどを使って自分たちの身の回りの紙が酸性か中性かを調べるのですが、ノート、本、封筒、レシート、お札、おみくじなどいろいろ出てきます。グループワークでは、積極的な学生、控えめな学生といるので全員が機器に触れるように働きかけて目を光らせます。この実習は毎年行っていますが、身の回りに酸性紙が少なくなっていることを痛感します。以前は酸性紙の代名詞だった新聞紙も中性紙チェックペンで紫になるものがありますから。またお札や商品券をマイクロスコープで観察すると、精巧な印刷や透かしにみんな夢中になります。

続きを読む 紙の修復保存の夏の講義2

紙の修復保存の夏の講義

東海大学湘南キャンパスで学芸員資格課程の集中講義に来ています。月~金まで5日間朝から夕方までびっしりです。私は修復保存論の担当で、紙を専門に講義と実習を半々に進めています。学生さんは50~55人。みんなまじめで熱心なので、こちらも気合が入ります。講義の時に「スペインでキリスト像が80歳の素人画家のおばあちゃんが修復してサルになったのが新聞に載っていたけど知ってる?」と聞いたらちゃんとみんな知っていて、大笑いでウケてました。午前中に紙の歴史、用語の説明、和紙や洋紙、パピルス、パーチメントのサンプルを見せたり、劣化の要因、酸性紙について話して、午後は実習をひとつして、修復理念、修復技術、保存と活用について話し、最後に別の実習という構成です。

実習はグループワークで紙の診断方法、表面のpH測定を実施します。ノートや文庫本やレシートなどの身の回りの紙のpHを測ったり、チェックペンで紫になるかみたり、マイクロスコープで観察したりします。学部が別で初対面なので互いに遠慮しながらもだんだん和気あいあいと協力しあっていく様子がほほましいです。

マッティング実習中

もうひとつは写真やはがきや雑誌のスクラップを本紙と見做して、ブックマットを製作する実習です。厚い紙を切ったり、物を測って余白を計算したりしたことないので、結構、オタオタする学生さんが多いです。女子は特に、カッターで1.6mm厚の中性紙ボードを45度の角度で切るのに難儀してました。私が手本で切ってみせると「おおおぅー!!!」と歓声があがりいい気分(^-^)/(できて当たり前なんですが)。説明を聞いてないのか間違える子も続出ですが、それも経験です。最後にはなんとかみんなちゃんと立派な保存額装ができあがります。本物の美術品などに使う英国製中性マットボードだぞ〜と言ったら、みんなうれしそうで「20年後にどうなっているかな」と言ってたのでちゃんと保存性のことを理解しようとしていて私もうれしいですね。 続きを読む 紙の修復保存の夏の講義

パリ便03 国立公文書館に行ってきました。

滞在4日目に国立公文書館を訪れました。マレ地区(東京に例えると代官山のようなおしゃれなエリア)の中心にあり、Musee de l’Histoire de France Archives Nationalesと表記されています。7月のパリはソルドといって夏のセールの真っ最中。マレでお買い物を楽しんだ後公文書館に寄ってみました。

建物はクラシックな歴史的宮殿で、資料展示は照明を落としたショーケースの中にパーチメントや古い手漉き紙にインク書きの古文書や手稿類や絵画。目玉は太陽王ルイ14世、ナポレオン、ジャンヌ=ダルク、マリーアントワネットなど重要な人物に関する古文書らしいのですが、キャプションがフランス語でよくわかりませんでした。調べたところ、フランスの国立公文書館は1794年に法で設置が定められて、1821年には国立古文書学校も設立され卒業生は専門官として国内の公文書館に配属されているとのこと。長い歴史があるようです。

珍しいことに、メイン展示室の一角に古 文書と現代の保存箱の書棚が再現されていました。その箱は無印良品でみたことのある「コシャーさんの箱でした!実際に見るとレトロな作り。段ボールでなく厚ボードのシェルボックスで側面をステープラーで固定した簡素な構造で蓋と身は一対の紐を結んでファイルボックスとして縦置きしていました。箱を引っ張って取り出すための紐(英語ではHandling strapという)が箱の底部に付いていて機能的。ステープラーで綴じた感じが昔っぽいし、紐で結ぶのもヨーロッパのアーカイブズによく見られる伝統的なスタイルでいい感じでした。 他から見たらこういう古臭い箱を使い続けるのはフランス的なんでしょうね。(パリ在住の友人や修復家もそういってました)

続きを読む パリ便03 国立公文書館に行ってきました。

パリ便02 建築アーカイブズもアポ取れず

パリ滞在中にもう1か所訪問予定だったのが建築アーカイブズです。しかしまたしてもアポの確認がとれず行けませんでした。この点今回パリはツイてなかったです。日本から建築アーキビストを通じて連絡を入れていてギリギリになってメールが来ることがあるからと言われロンドンでも待ちましたが、ダメでした(;O;) イギリス同様、フランスの建築アーカイブズの取り組みは進んでいると聞いていたのでフランス建築協会にある20世紀建築アーカイブズも訪問したかったので残念!

で、建築文化財博物館Cité de l’architecture et du patrimoineには行ってきました。解説文によると、、、、

≪建築ではヨーロッパ最大規模の博物館。1階はフランス各地より集められた歴史的建造物の実物大の複製展示がメインで、パリにいながらフランス各地の世界遺産を体験できます。また2階は近代建築のフロアとなっており、有名建築家の設計図や資料、近代建築の父と呼ばれるル・コルビジェがマルセイユに作った共同住宅の部屋の実物大模型など、興味深い展示物がたくさんあります。略≫

以下は私の感想です。

歴史的建物の一部がそっくりそのまま切り取られている様子は一見おかしいようなのですが、赤い壁面に大胆に展示させていて意外と楽しめました。普通なら建物の高いところにある彫刻などを目の高さの近くで見ると迫力が伝わり面白かったし、きっと複製が安っぽくなく完成度が高いからだと思います。(展示室のレイアウトが複雑で私には館内マップもわかりにくく、)展示室を出たり入ったりしているうちに迷うのですが、教会の天井画や祭壇、ステンドグラスなどにひょっこり出会ったりして、中世の街に入り込んだような感覚になったりしました。

特筆すべきは、2階建築文化財博物館の中からの南側の窓からドーンとエッフェル塔が見えるのですが、その眺めがほんとにきれいでした。視界を遮るものもなく観光客もいないので写真撮影にバッチリです。個人的には、お尻が大きくて安定感のあるエッフェル塔の方がスリムなスカイツリーより好きかな。