空気も悪いなんて、言ったらどうします?

えっ?空気って悪いの?なにが?と思われるかもしれません。大気汚染が人間の健康に良くないというのは、もう常識ですが、やっぱりモノの保存にも良くありません。車の排気ガスや工場から排出されるNOx(窒素酸化物)やSOx(硫黄酸化物)は「大気汚染」の代名詞ですが、これらは酸性物質というもので、じわじわと気付かないようにモノを悪くしていていきます。最近では、中国の大気汚染が深刻で心配ですね。
他にも家の中でも、アルカリ物質やホルムアルデヒド、オゾンというものが、モノを悪くしていきます。プリンターで打ち出した写真を壁に貼っていたら、陽も当らないのに知らないうちに色褪せてきたしまった、なんて経験がありませんか?
そうです、現代社会は人間にとってもストレスが多いものですが、モノにとってもストレスが多いご時世なのです。

投稿者:

児島 聡

ボックスのデザイン、クライアントの御用聞き係。文系の私大出身だが、素人ながらCAD・DTP・webデザインをやる羽目になっている。外注に出さなくても、内部でアイディアをカタチにできるTRCCの職場環境は、意外と得難いものであると感じている。本職は紙資料の修復技術者。TRCCの取締-られ-役でもある。1967年4月生まれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)